高齢者のために
  
HOME > 高齢者のために > 日常生活自立支援事業

日常生活自立支援事業
日常生活を営むのに支障がある高齢者、知的障害者、精神障害者等に対し、福祉サービスの利用や日常的な金銭管理などの援助を行い、地域で自立した生活が送れるよう援助する事業です。

対象者
日常生活を営むのに必要なサービスを利用するための情報の入手、理解、判断、意思表示を本人のみでは適切に行う事が困難な人(高齢者、知的障がいのある人、精神障がいのある人など)で、この事業の契約内容について判断できる能力のある人。
※療育手帳や精神保健福祉手帳、認知症の診断等は必要ありません。

援助内容
@福祉サービス利用援助
  ・福祉サービスの利用手続を支援します。
  ・福祉サービスに関する苦情を解決するための支援をします。
A日常的金銭管理サービス
  ・電気、ガス、水道、医療費などの利用料を支払う支援をします。
  ・通帳からお金を引き出す支援をします。
  ・年金・福祉手当の受領に必要な手続の支援をします。
B書類等預かりサービス
  ・通帳や印鑑、不動産権利書などを保管します。
※書類等預かりサービスのみを単独で利用することはできません 

利用料
契約までの相談等は無料です。契約後は有料となり、1時間につき1000円です(書類等預かりサービスは1ヵ月あたり500円) 。
※生活保護世帯は無料です。