~ふれあいと安らぎのある福祉のまちづくり~

福祉全般の相談について

 福祉に関する総合的な相談窓口として、福祉活動専門員等があらゆる相談に応じ、適切な助言、援助を行うことで問題解決を図ります。

 

生活福祉資金について

  生活福祉資金は、低所得者世帯、障がい者世帯、高齢者世帯に対し、資金の貸付けと相談支援により、経済的自立や生活意欲の助長、在宅福祉や社会参加の促進を図り、安定した生活を送れるよう支援することを目的とした貸付制度です(実施主体:岐阜県社会福祉協議会)。

  羽島市社協では、羽島市にお住まいの方の窓口として、相談を受け付けています。

 

制度の特徴

 本制度は、羽島市社協や民生委員との相談・面談のうえ申し込む制度であり、借入後も岐阜県社会福祉協議会や関係機関からの継続的な支援を受けることを原則とします。

 借入の目的によっては、羽島市が実施する生活困窮者自立支援制度の自立相談支援事業の申込が必要です。

 貸付の決定には、岐阜県社会福祉協議会の審査があり、他の制度による借入が可能な場合や、申込時の世帯の状況によっては、申請・借入ができない場合がありますので、あらかじめご承知おきください。

 

種類と内容

  詳細は、岐阜県社会福祉協議会のホームページをご覧ください。

 

 

日常生活自立支援事業について

 日常生活自立支援事業とは、日常生活に不安のある高齢の方や障がいのある方に対して、福祉サービスを利用するための手続きを支援したり、日常的な金銭管理を代行したりすることで、住み慣れた地域で安心して暮らすことをお手伝いする事業です。

 

受けられる支援について

 ・福祉サービス利用援助 基本的な支援

   福祉施設や福祉サービスに関する情報提供や助言

   福祉施設や福祉サービスを利用するための手続き

   福祉サービスの利用料金の支払い など

 

  ・日常的金銭管理サービス 追加できる支援

   年金や福祉手当の受領に必要な手続き

   公共料金の支払い手続き

   預金の出し入れ、預金の解約の手続き など

 

 ・書類等預かりサービス  追加できる支援

   保管を希望される通帳や印鑑、年金証書などの書類の保管

 

パンフレット 『ここが知りたい!日常生活自立支援事業』