~ふれあいと安らぎのある福祉のまちづくり~

地域福祉活動計画について

 地域福祉活動計画は、羽島市社会福祉協議会が呼びかけて、地域住民や各種団体等が相互に協力し、私たちが直面しているさまざまな生活課題を共有し、自主的・主体的に解決していくために策定した活動・行動計画です。

 活動計画の内容は、①生活課題の解決を目指して、地域住民や各種団体が行う活動と、②地域福祉活動を推進するための市社協の果たす役割を、体系的に取りまとめたものとなっています。

 

第3期羽島市地域福祉活動計画について

 平成28年度から5か年の計画として、「みんなで見守り みんなで行動する “支え合いのあるまち” 羽島」を基本理念とする第3期羽島市地域福祉活動計画を策定しました。この計画の基本理念には、個人が抱える問題に目を向け、私たちの地域の問題として共有化し、解決に向けた行動をすることで、誰もがこの地域に住んでいて良かったと思えるようにしたいという想いが込められています。

第3期羽島市地域福祉活動計画の見直しについて

 地域福祉推進のための基盤や体制をつくる「第2期羽島市地域福祉計画」を羽島市が策定し、令和元年度から推進しています。
 本会が策定する地域福祉活動計画は、羽島市が策定する地域福祉計画と連動し、一体的に推進していく必要があるものの、現行の第3期地域福祉活動計画は平成26年度から平成27年度にかけて策定したため、羽島市の地域福祉計画と連動していない部分も見られました。
 そのため、当初の予定では、平成31年度(令和元年度)より第4期地域福祉活動計画の策定に向けた作業を開始することとなっていましたが、それに先立って第3期地域福祉活動計画の見直しを行い、令和2年度より推進していくこととなりました。

 

【全体版】

 第3期 羽島市地域福祉活動計画(令和2年3月一部改正)

【分割版】

 表紙 

 目次 

   第1章 

   第2章  

   資料編 

   奥付