~ふれあいと安らぎのある福祉のまちづくり~

助成金について

ボランティアグループ助成金について

 羽島市福祉ボランティアセンターに登録されたボランティアグループが取り組む事業や活動に要する経費に対して、助成金を交付しています。

 

助成対象

次の要件をすべて満たすボランティアグループが対象です。

 (1)主な活動場所が羽島市内であること

 (2)羽島市福祉ボランティアセンターに登録して1年以上が経過していること

 (3)グループの会則・規約等が制定されていること

 (4)事業計画、会計が明瞭であること

 (5)会員から会費を徴収していること

 

助成金額

1団体につき5万円(限度額)

 

助成対象経費

助成の対象となる経費は、次に掲げるものです。

 (1)ボランティア活動に使用する機材・備品の購入費及び修繕費

   (ただし、機材・備品の購入については総経費の2分の1を限度とします)

 (2)研修会・学習会等の開催に伴う会場の使用料(附帯設備を含みます)

 (3)研修会・学習会等の講師の謝金及び交通費

 (4)グループが実施する行事等の参加者である高齢者や障がい者などの移動に必要なバス等の賃料

   (ただし、会員のための研修等は対象としません)

 (5)グループの活動等を紹介するチラシやポスター、冊子等の印刷費

 (6)全国社会福祉協議会のボランティア行事用保険の保険料

 

  ただし、次に掲げる経費については、助成の対象としません。

 (1)営利を目的とする事業に要する経費

 (2)県及び市町村から補助金を受けて実施する事業に要する経費

 (3)その他助成することが適当でないと認められる経費

 

詳細については、「羽島市福祉ボランティアセンターボランティアグループ助成金交付要綱をご参照ください。

 

羽島市福祉ボランティアセンターボランティアグループ助成金交付要綱

 

各種助成金について

 各団体等から寄せられた助成金の情報をご案内します。

 助成金の詳細は、各団体等へ直接お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

2021年度 ヤマト福祉財団助成金募集要項

助成対象

Ⅰ.障がい者給料増額支援助成金

障がい者の給料増額に努力し取り組む事業所・施設に対し、さらに多くの給料を支払うための事業の資金として助成します。

<助成対象事業 ※1>

○ 障がい者の給料増額のモデルとなる効果的な事業

○ 現在の事業を発展させ給料増額につながる事業

○ 新規に行い、給料増額が見込まれる具体的な事業

※ 1 現在ある備品等の代替費用および材料費等の消耗品は対象になりません

 

Ⅱ.障がい者福祉助成金

給料増額にはこだわらず、障がいのある方の幸せにつながる事業・活動に対して助成します。 福祉事業所に限らずボランティア団体、サークル等、幅広い活動を支援します。下記の対象となる事業、活動を一つ選択して応募してください。

<助成対象事業、活動>

1.会議・講演会

2.ボランティア活動

3.スポーツ活動・文化活動

4.調査・研究・出版

 

助成金額

Ⅰ. 助成金額 50 万円~上限 500 万円  助成件数 30 件程度

Ⅱ. 助成総額 1,000 万円

応募受付期間

2020 年 10 月1日(木)~2020 年 11 月 30 日(月)(当日消印有効)

提出・

問い合わせ先

提出先住所

 〒104-0061 東京都中央区銀座2-12-18 ヤマト銀座ビル7階

 公益財団法人ヤマト福祉財団 助成金事務局あて

 

問合せ先

 電話 03-3248-0691   FAX  03-3542-5165

 

 

 

 

(公財)大阪コミュニティ財団「2021年度助成」

助成対象

【助成対象団体】

1年以上の活動実績を有する非営利団体(法人格の有無は問わない)

【助成対象事業】

2021年4月1日から2022年3月31日までの間に実施を予定している公益に資する下記の事業。

・医学医療の研究、難病対策・医療患者支援

・青少年の健全育成

・社会教育・学校教育の充実

・芸術・文化の発展・向上

・開発途上国への支援

・環境の保護・保全

・地域社会の活性化

・災害復興活動支援

・動物の保護、訓練、支援活動

・健康増進、健全育成の支援

・公益法人の振興・発展

・社会福祉の増進

・多文化との共生

助成額

助成分野によって異なるため各自で確認をしてください

締め切り

2020年11月27日(金)当日の消印有効

問い合わせ先

公益財団法人大阪コミュニティ財団 事務局

〒540-0029 

大阪市中央区本町橋2-8 大阪商工会議所ビル5階

TEL:06-6944-6260 FAX:06-6944-6261 

E-Mail:info@osaka-community.or.jp

 

 

 

2020(令和2)年度「連合・愛のカンパ」助成

助成対象

【助成対象活動】

新たに始める、地域における「ふれあい・助け合い活動」(高齢者・子ども・障がい児(者)を含めた地域ぐるみの助け合い・支え合い活動等)

※既存活動の継続は対象としません。

【助成対象団体】

ふれあい・助け合い活動団体/グループ(助け合いによる生活支援活動を主たる目的とする任意団体、NPO法人、グループ、サークルなど)

※有限会社、株式会社のほか、単独の個人活動等も対象外です。

助成額

15万円(上限額)

締め切り

2020年11月30日 必着 (郵送に限る)

問い合わせ先

(公財)さわやか福祉財団(立ち上げ支援プロジェクト)

〒105-0011 東京都港区芝公園2-6-8 日本女子会館7階

TEL:03-5470-7751 FAX:03-5470-7755

 

 

 

毎日新聞大阪社会事業団公募福祉助成金

助成対象・内容

【助成対象】

児童福祉、障害者福祉、高齢者福祉、医療福祉などを行う民間団体。

対象地域は、

富山、石川、福井、愛知、岐阜、三重、和歌山、滋賀、奈良、京都、

大阪、兵庫、岡山、広島、鳥取、島根、香川、徳島、高知、愛媛の各府県。

【内容】

緊急を要する活動費助成、もしくは事業(プロジェクト)助成。

事業終了後は必ず事業報告書を提出していただきます。

また、下記の項目にあてはまる団体は助成対象にはなりません。

*機器や設備の助成は対象となりません。

1.過去3年間に同助成金を受けた団体

2.個人、公共団体

3.申請内容と同じ物で、他の団体からも助成があるもの

4.すでに事業が終了、もしくはプロジェクトが完了しているもの

助成金額

1団体につき50万円以内、総額200万円以内

申請方法と

申請受付期間

所定の申請書に収支報告書(会計報告)や、事業計画書、予算書などの添付書類 をつけて、〒 530-8251(※住所不要) 毎日新聞大阪社会事業団へ12月18日(金) 必着で提出してください。

問い合わせ先

毎日新聞大阪社会事業団 〒 530-8251 大阪市北区梅田 3-4-5

(電話06-6346-1180、ファクス06-6346-8681)

ホームページアドレス(https://www.mainichi.co.jp/osaka_shakaijigyo/)

 

 

 

毎日新聞大阪社会事業団「世界子ども救援金」公募助成金

助成対象・内容

【対象】

海外での支援活動を行う民間団体やそれに準じる団体。

対象地域は国内外。

【内容】

緊急を要する活動費助成、もしくは事業(プロジェクト)助成。

事業終了後には必ず事業報告書を提出していただきます。

助成金額

1団体につき100万円以内、総額300万円以内

申請方法と

申請受付期間

所定の申請書に収支報告書(会計報告)や、事業計画書、予算書などの添付書類をつけて、〒 530-8251(※住所不要) 毎日新聞大阪社会事業団へ 12月18日(金)必着で提出してください。

問い合わせ先

毎日新聞大阪社会事業団 〒 530-8251 大阪市北区梅田 3-4-5

(電話06-6346-1180、ファクス06-6346-8681)

ホームページアドレス(https://www.mainichi.co.jp/osaka_shakaijigyo/)

 

 

 

毎日新聞大阪社会事業団「シンシア基金」公募助成金

助成対象・内容

【対象】

身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)支援を行う民間団体。

対象地域は富山、石川、福井、愛知、岐阜、三重、和歌山、滋賀、奈良、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、鳥取、島根、香川、徳島、高知、愛媛の各府県。

【内容】

身体障害者補助犬の普及・啓蒙活動や訓練施設への活動費助成、もしくは事業(プロジェクト)助成など。

事業終了後には、必ず事業報告書を提出していただきます。

助成金額

1団体につき50万円以内、総額100万円以内

申請方法と

申請受付期間

所定の申請書に団体の収支報告書(会計報告)や、活動の事業計画書、予算書などの添付書類をつけて、〒 530-8251(※住所不要)へ12月18日(金)必着で提出してください。

問い合わせ先

毎日新聞大阪社会事業団 〒 530-8251 大阪市北区梅田 3-4-5

(電話06-6346-1180、ファクス06-6346-8681)

ホームページアドレス(https://www.mainichi.co.jp/osaka_shakaijigyo/)

 

 

 

令和2年度「幼い子どものゆたかな育ち応援助成」

助成対象

【助成対象者】

乳児院の入所児童、または里親家庭もしくはファミリーホームにおける委託児童のうち、令和2年において七五三 ( 7歳・5歳・3歳の子どもの成長を祝う行事 ) を行う児童。

【助成対象となる費用】

乳児院における入所児童、または里親家庭もしくはファミリーホームにおける委託児童の七五三のお祝い費用の一部。

 ※七五三とは無関係な娯楽・教育等にかかる費用や、

  施設等の備品となるものの購入費は、助成対象外とします。

助成金額

児童1名につき 30,000 円を限度として助成します。

申請方法と

申請受付期間

助成を希望する児童について、別紙様式により、申請書を令和2年12月25日(金)まで(当日消印有効)にご提出ください。

問い合わせ先

社会福祉法人 全国社会福祉協議会 児童福祉部

 「ジェイ・ストーム助成事業」

   担当:森屋・池本・星野

 〒100-8980 東京都千代田区霞が関 3-3-2 新霞が関ビル

 TEL:03-3581-6503

 

 

 

令和2年度「社会人一年生スタート応援助成」

助成対象

【助成対象者(以下の①~④の要件をすべて満たす児童)】

①助成申請時に、児童養護施設、母子生活支援施設もしくは自立援助ホームに入所している、または退所しているが平成 30 年 4 月 1 日以降において入所していた児童。

※本要項における「児童」には、助成要件を満たす満 18 歳以上の者を含みます。

※過去に本助成を一部でも受けた児童については、申請できません。

※【自立援助ホームの場合】

  退所児童については、継続して3か月間以上入所していたことを要件とします。

②原則として、令和3年4月から9月までの間に就職を予定していること。 ※進学の場合は申請できません。

※【自立援助ホームの場合】

 令和2年4月から令和3年3月までの就職も対象とします。

③前記(1)の資格証等の写しを、施設をとおして本会に提出できること。

④【児童養護施設または母子生活支援施設の場合】

令和3年3月に高等学校を卒業し、その卒業証書等の写しを、施設をとおして本会に提出できること。

助成金額

令和2年4月以降に取得した、または取得する次の資格等

①普通自動車運転免許

児童1名につき 180,000 円を限度として助成

②就職時に有用となる各種資格

(簿記、パソコン操作技術、TOEIC、ホームヘルパー等の資格)

児童1名につき 180,000 円を限度として実際に要した金額を助成

申請方法と

申請受付期間

①申請書

令和3年1月31日(日)まで(当日消印有効)にご提出ください。

②その他提出書類

令和3年3月19日(金)まで(当日消印有効)にご提出ください。

※詳細は下記へお問い合わせください。

③受領書【自立援助ホームの場合】

本会から受領した助成金を児童に交付した自立援助ホームは、速やかに児童から受領書を徴収してご提出ください。

問い合わせ先

社会福祉法人 全国社会福祉協議会 児童福祉部

「ジェイ・ストーム助成事業」 担当:森屋、池本、星野

〒100-8980 東京都千代田区霞が関 3-3-2 新霞が関ビル

TEL:03-3581-6503

 

 

 

令和2年度 児童養護施設等助成金

助成対象

児童養護施設等が、こども達のための教育活動として、助成対象期間内に実施される設備等の購入や活動の費用で、当財団以外から重複して補助金や助成金の受給を受けていない又は受給を予定していない事業を対象とします。

※児童養護施設等とは、下記施設が対象です。

児童養護施設、乳児院、児童心理治療施設、児童自立支援施設、自立援助ホーム

助成金額

交付する助成金の限度額は、施設の規模に応じて変動しますが上限は100万円とし、1施設に対する助成は、助成対象期間内において1回とします。 各施設への助成金額は、当財団理事会の決議により決定します。

申請受付期間

令和3年1月1日(金)~令和3年2月28日(日)(期間内に必着)

応募・

問い合わせ先

〒150―0041

東京都渋谷区神南一丁目13番3号ARK神南2D

公益財団法人 こどもの未来創造基金 事務局宛

TEL 03-6712-7763