~ふれあいと安らぎのある福祉のまちづくり~

ボランティアの登録について

 ボランティア活動をしている、またはしようとする個人及び団体が登録できます。ボランティア登録カードに必要事項をご記入のうえ、羽島市福祉ボランティアセンター(羽島市社会福祉協議会事務局内)までご提出ください。なお、登録期間は、4月1日より翌年の3月31日までの1年間です。年度途中に登録をした場合は、登録年度の末日までが登録期間になります。

 

平成30年度 ボランティア登録カード(個人用)

平成30年度 ボランティア登録カード(団体用)

平成30年度 会員名簿

登録グループ(連絡会参加対象グループ)一覧

(平成30年5月31日現在)

グループ名

会員数

活動紹介

手話サークル「美話の会」

23人

毎週水曜日夜7時半~9時まで羽島市民会館で、地元の聴覚障がい者を中心に、わきあいあいと手話を覚えています。会員の趣味を活かした料理教室やボウリング大会を企画して交流を深めたり、市内のイベントでミニ手話教室を開いて手話を広めています。手話に少しでも興味を持たれたら、いつでも見学にいらしてくださいね。

点訳サークル「あすなろ」

15人

毎月1回発行の「広報はしま」の点訳、県立岐阜盲学校依頼の「さわる絵本」づくり、市内小学校への点字指導、点字カレンダーづくり、点字投票用紙・市議会議員立候補者名の点字一覧作成などをしています。

創 立:昭和63年1月 

活動日:毎週水曜日10時~12時

音訳サークル「はしま」

11人

市立図書館の音訳図書を作成する図書班と、羽島市などが発行する広報紙を録音し、希望される方にお届けする広報班の2班で活動しています。

文字で書かれた内容を音訳し、正確に伝えることは容易ではありませんが、楽しみに待っている人の笑顔を励みにメンバー一同頑張っています。

ボランティアひまわり

11人

私たちは「羽島市発達支援センター」の活動補助を目的に発足し、平成3年以降途切れのない活動をしています。

同センターの行事は「キャンプ」「いもほり」「もちつき」「お別れ会」など毎年恒例のものが多く、行事の手伝いをすることで年々成長していく子どもたちの姿を見る事が出来、メンバー全員が生きがいを感じています。

子どもが大好きな私たちと一緒に活動してくださる方を募集しています。

クラブはすの花

3人

市内の福祉施設やふれあいサロンを訪問し、「マジック」「カラオケ」などを披露し、入居者やデイサービスの利用者さん、ふれあいサロンの参加者の皆さんに楽しんでいただいています。施設を利用されている方々やふれあいサロンに参加されている方と、マジックやカラオケなど少しでも一緒にできることをしたいと思っています。

ボランティアグループ ジェー・ユニティ

68人

各種イベントに参加して、コーヒー・かき氷等の喫茶店やステージの企画・運営を行います。日本舞踊・フラ・ベリーダンス・フラメンコ等の踊り、和太鼓・三味線・琴・尺八等の演奏、フォーク・ジャズ・ブルース・ハワイアン・ロック・トリビェト等のバンド、合唱・手品・大道芸・チンドン屋・バラエティショー約40チームの協力者と共に盛り上げます。

津軽三味線あんずの会

6人

三味線が大好きなメンバーで結成した「あんずの会」です。主に東北民謡を勉強していますが、その他日本各地の民謡も練習しています。お稽古は毎月2回行っています。また、月2回ほど介護施設を訪問し、利用者様と楽しい時間を過ごしています。三味線に興味のある方は是非一度練習風景を見に来て、体験してみてください(三味線はこちらで準備します)。

居間人

7人

おしゃべり処茶の間「居間人」として、地域の人々が出会い、交流できる場「地域の居間」を開所することで、人と人との繋がりや、新たな支え合いの場つくりを目指す、ボランティアグループです。

1人でも多くの方々にお出かけいただくことをスタッフ一同心よりお待ち致しております。

若葉会

14人

ふれあいサロンや高齢者福祉施設などで、演芸を通したふれあいが主な活動です。マジックや舞踊、バルーンアート、カラオケや唱歌…、メンバーが様々な特技を持ち寄って、皆さんに楽しい時間を提供しています。市内だけでなく、岐阜市や愛知県などで毎月10日以上活動しています。「受けた依頼は体が続く限り断らない」を合い言葉に、メンバー14人で楽しく活動しています。

ボランティアグループ「べんざいてん」

9人

お茶の間サロン「いつくしま」を、毎月第2火曜日に開所しています。地域の皆さんに集まっていただき、毎回和気あいあいとひとときを過ごしていただいております。高齢者の方々の交流の場として、今後も心を込めた運営をしてゆきます。ひとり一人の笑顔が生まれるために。

はしま写友会

12人

羽島市社協が、シニア世代を対象に実施した「カメラマンに学ぶ“魅せる”写真の撮り方講座」の修了者で結成したグループです。地域で行われている福祉活動を撮影し、社会福祉協議会の広報紙などを通じて発信することが主な活動です。技術の向上や芸術生の追求だけでなく、多くの人が福祉活動に興味を持ってもらえるような写真を撮影したいです。

ブックスタートサポーター「にこにこ」

10人

私たちは、羽島市が行う4ヶ月健診に参加された親子に、絵本を渡し、絵本を通して“楽しく・あたたかい・ひととき“をもつきっかけをつくる活動をしています。

絵本をお渡しする時は、ママさんやパパさんに、赤ちゃんと一緒に絵本を開く楽しさを体験していただけるよう、絵本を1枚1枚めくり、赤ちゃんに語りかけます。赤ちゃんは、絵をじっと見たり、笑ってくれたりと様々な表情を見せてくれます。

健診を受けられる皆さん、お会いできるのを楽しみにしています♪

燦幸 折り姫の会

13人

羽島市制60周年記念事業として開催された折り紙イベントでの作品「美濃菊・なまず・祝い鶴」を広く市民に伝えたいと、平成27年1月に結成しました。羽島にちなんだ折り紙を通して愛郷心を育み、様々な折り紙に親しむことで健康づくりの一助となることを目的としています。

今年も年3回、折り紙教室を開催します。コミセン講座や出前講座も承っています。

津軽三味線 美せん会

6人

津軽三味線「美せん会」は結成14年になります。正木コミセンで主に東北民謡を三味線で演奏したり歌ったりで稽古日は月3回ですが、津軽三味線大好きなメンバーなので2時間30分の稽古時間もあっという間に終わります。ボランティアは月1回~月2回、デイサービス、ふれあいサロン等で演奏させて頂いています。ボランティアをお世話してくださる方、また、聞いてくださる方々のあたたかさを感じながら、なお一層、色々、努力していきます。

瑞穂ハーモニー

14人

私たちは平成16年8月に瑞穂市を中心とした、同じ志を持った10名のメンバーからスタートしました。子育ても終わりセラピーメイクを学んだ10名は何か生きがいを持ち、将来の自分達の為にも社会とかかわり、高齢者の為にもメイクを通して元気で若々しくをモットーに活動しております。スタート当時はメイクのボランティアの認知度も低く苦労もありました。今は高齢者の為というより私たちが楽しんでいます。笑顔でセラピーメイクを提供します。

南之川ふれあいサロン

7人

私たちは、ひとり暮らし高齢者の人と一緒に、お話をしたりゲームをしたり、歌をうたったり、季節の行事(七夕かざりづくり、花餅づくりなど)をしたりしています。ボランティアは参加者の皆さんと同じ地域に住んでいます。また、年齢も近いことから、いつもお話もはずんでいます。

ボランティア「すまいる」

12人

毎週火曜日に特別養護老人ホームやすらぎ苑を訪問し、利用者と一緒に歌を歌ったり、おしゃべりをしたりしてふれあうことが主な活動です。

結成25年を迎えます。当初のメンバーを含め12名で活動していますが、年を重ねていくため、お互いの体調のことを思い合いながら活動するようになりましたが、歌を謳っている時のメンバーはみな「いきいき」しています。

四葉くらぶ

4人

歌うことが大好きなメンバーで結成した「四葉くらぶ」です。現在、4名で活動しています。

主に、羽島市内の高齢者福祉施設やふれあいサロンで、昔の歌謡曲や演歌などを歌っています。訪問先では、私たちと一緒に歌ってくださったり、口ずさんでくださったりするため、とてもうれしいです。

これからも多くの方と出会い、一緒に歌を楽しみたいです。興味のある方はお声がけください。

ひよこ組

7人

子育て中の人が気軽に集まり友達や相談相手を見つけたり出来る場や子育て中の人のたまり場の開設及び運営。

毎月第2金曜日午前中を実施日としており、参加費は1家族100円。